特集

社告

毎日新聞社の社告です。

特集一覧

社告

今週のおすすめ紙面 ストーリー/くらしナビ/月刊五輪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆ストーリー

踊り続ける大道芸人87歳 24日・日曜日 1面、ストーリー面

 路上で創作舞踊を披露する大道芸人のギリヤーク尼ケ崎さん(87)は来年、街頭デビューから50周年を迎えます。国内だけでなく、フランスなど海外でも公演を重ねてきました。激しい舞が持ち味でしたが、最近ではパーキンソン病などの影響で歩くのもままなりません。衰えを自覚しながらも「踊りしかない」と路上に立ち続ける「伝説の大道芸人」に迫ります。

 ◆くらしナビ

気がつけば「共依存夫婦」 20日・水曜日 くらしナビ面

 気づかないうちにパートナーと「支配と服従の関係」に陥っている「共依存夫婦」が目立ってきています。理不尽と思っても相手の言うことを許したり、無意識に相手の機嫌を取る癖がついたり。自立できないで相手に過剰に寄りかかると、疲弊してしまいます。専門家は男女が対等な社会になってきて、新たなパワーバランスに苦慮しているのでは、と指摘します。

 ◆月刊五輪

スポーツと学問の両立とは 19日・火曜日 月刊五輪面

 好評連載中の、スポーツ庁・鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートと語り合う「長官と語る 2020への決意」。第3回はラグビー男子で15年ワールドカップと16年リオデジャネイロ五輪両大会に日本から唯一出場した福岡堅樹選手(パナソニック)がゲスト。引退後は医師になる夢を持つ福岡選手が、スポーツと学問の両立などについて長官と語り合います。


 掲載日や内容は変更することがあります。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集