メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

長引く引きこもり対策は? 愛知教育大大学院准教授・川北稔氏

川北稔氏=丸山博撮影

 引きこもりの長期・高年齢化が進んでいる。NPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」が3月に発表した調査=1=では、引きこもりの相談を受けている自治体窓口の約62%が40代のケースに対応した経験があった。愛知教育大大学院教育実践研究科の川北稔准教授(43)に対策を聞いた。【聞き手・西田真季子、写真・丸山博】

--引きこもりの長期化や高年齢化の社会的背景は何でしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2849文字(全文3035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです