メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・MyWay

わたしの生き方 当たり前の存在に ろうの女優・忍足亜希子さん

忍足亜希子さん=東京都千代田区で、丸山博撮影

 耳が聞こえないのは生まれつきですが、周囲が気付いたのは3歳ごろ。両親と弟は聴者(耳が聞こえる人)で、話しかけても振り向かないのをおかしいと思ったそうです。ろう学校が近くになく、両親が生まれ育った横浜市に引っ越しました。

 当時のろう学校は手話が禁止されていて、発声や口の動きを読み取る「口話教育」が授業の中心。聴者に合わせることが、社会への順応につながるという考えが前提にあるのでしょうね。家族のコミュニケーションも口話で、手話は社会人になるまで知りませんでした。

 東京の短大に進学し、初めて聴者の友達ができました。学力が足りず4年制大学には行けなかった。ろう学校…

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです