メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

明日の空は青いか=酒井佐忠

 久々湊盈子(くくみなとえいこ)の新歌集『世界黄昏(こうこん)』(砂子屋書房)を手にする。戦後七十年を同時代的に生きてきた歌人の偽りのない声が聞こえる。現実を踏まえながら、鋭い批評意識を底に秘め、だが、きっぱりと自らの思いを詩の言葉として述べている。<はるかなるものを呼ぶこえ現代という虚妄のなかに聴きすますなり>。「現代という虚妄」の措辞に、七十年を生きた歌人の感慨がある。<石巻へかの大いなる喪失へ続くレールの上の朝霜>との歌も。

 石巻へ続くレールは、「大いなる喪失へのレール」だと歌人はいう。大戦末期に上海で生まれ、両親の故郷の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです