メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

明日の空は青いか=酒井佐忠

 久々湊盈子(くくみなとえいこ)の新歌集『世界黄昏(こうこん)』(砂子屋書房)を手にする。戦後七十年を同時代的に生きてきた歌人の偽りのない声が聞こえる。現実を踏まえながら、鋭い批評意識を底に秘め、だが、きっぱりと自らの思いを詩の言葉として述べている。<はるかなるものを呼ぶこえ現代という虚妄のなかに聴きすますなり>。「現代という虚妄」の措辞に、七十年を生きた歌人の感慨がある。<石巻へかの大いなる喪失へ続くレールの上の朝霜>との歌も。

 石巻へ続くレールは、「大いなる喪失へのレール」だと歌人はいう。大戦末期に上海で生まれ、両親の故郷の…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです