メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常勝へ

工藤ホークス/上 輝き放った「工藤塾生」 厳しい練習、東浜台頭

先発陣の柱として成長した東浜=和田大典撮影

 パ・リーグで2年ぶりの優勝を果たしたソフトバンクは、安定感ある投手陣が快走の支えとなった。存在感を見せたのは、就任3年目の指揮官の下で研さんを積んだ「工藤塾生」たち。厳しく豊富な練習が、目に見える形で結果を出し始めている。

 優勝がかかった16日の西武戦。先発マウンドに立ったのは、今季のチームの勝ち頭で5年目の東浜だった。開幕投手を務めた和田や2年連続2桁勝利の武田らが離脱する中、シーズン通して先発ローテーションを守ってきた今季の柱。その背番号16の成長株が、自身16勝目を挙げてチームを優勝に導いた。出来すぎのようなストーリーに「いいんじゃない。苦しい時に連勝してくれた投手だから」と工藤監督。その目は期待感で輝いていた。

 東浜は工藤監督が手塩にかけて育ててきた。秋季キャンプでは体幹トレーニングで体をいじめ抜き、昨季から…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです