衆院

解散強まる 区数減の岩手など、地方不意打ち 野党は未調整

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院の解散が強まり、次の衆院選から小選挙区数が1減となる岩手などの各県や、10月22日投開票で補選が予定されている各県の政党地方組織からは、さまざまな声が上がった。【佐藤慶、新宮達、田中功一】

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1458文字)

あわせて読みたい