竪穴式茶室

藤森照信さん構想、茅野でオープン 屋根開閉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成した「低過庵」。屋根が開閉できる仕組みになっている=長野県茅野市宮川高部で
完成した「低過庵」。屋根が開閉できる仕組みになっている=長野県茅野市宮川高部で

 長野県茅野市出身の建築家で東京大名誉教授の藤森照信さん(70)=東京都国分寺市=が構想し、茅野市宮川高部の藤森家所有地に建設していた竪穴式新作茶室「低過庵(ひくすぎあん)」が17日オープンした。なだらかな傾斜の土地に半分埋まり、屋根上部が横にスライドして開く仕組み。遊び心満点の「青空茶室」に、集まった関係者も驚きの表情を見せた。

 8回の建設ワークショップなどに延べ200人の市民が参加。オープン前日の16日にようやく完成した。室内は6平方メートルで、大人が5~6人入れる。屋根は銅板ぶき。湯沸かし用の暖炉も設けた。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文592文字)

あわせて読みたい

注目の特集