メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拉致・国民大集会

被害者家族高齢化「もう待てない」

拉致問題の早期解決などを訴える参加者ら=東京都千代田区で2017年9月17日、宮武祐希撮影

 北朝鮮による拉致被害者の家族会などは17日、東京都千代田区内で拉致問題の早期解決を訴える「国民大集会」を開いた。この日は、北朝鮮が日本人の拉致を初めて認めた2002年の小泉純一郎首相の訪朝からちょうど15年の節目にあたる。しかし、北朝鮮のミサイル発射や核実験で緊張は高まり、解決の糸口すら見えない。被害者家族の高齢化ばかりが進む現状に「もう長い目では見られない」と怒りの声が上がった。

 07年まで家族会の代表を務め、集会に毎回のように出席していた横田めぐみさん(行方不明時13歳)の父…

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1479文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 所持金は10万円 拳銃に実弾1発発射の痕跡 拳銃強奪
  5. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです