メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOT!!プロ野球

右の大砲、日本ハム・横尾健在 「強く振る」意識

 大学時代、右の長距離打者として鳴らした男がプロでも同じスタイルを貫き、飛躍のきっかけをつかんだ。プロ2年目の日本ハム、横尾俊建内野手(24)。今季、出場機会が増え、豪快なスイングから生み出される長打で存在感を示している。【荻野公一】

 8月27日の楽天戦(コボパーク宮城)。四回に、相手先発の釜田の直球をとらえ、左翼席にプロ初本塁打を運んだ。「仙台のホームランですごく自信が付いた。飛距離も、弾道も」と、横尾は自身のスタイルに確かなものを感じた。

 東京・日大三高では、2011年夏の甲子園で全国制覇に貢献した。慶大でも主軸を任され、4年生のとき、…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです