メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大津園児死傷 被告に禁錮4年6月の実刑 大津地裁判決
セミナー

事件から見える貧困 弁護士が生活保護を解説 24日、中央区 /大阪

生活保護制度の問題点について話をする小久保哲郎弁護士=大阪市北区で、玉木達也撮影

 「刑事事件から見える貧困」をテーマに、生活保護制度の問題点などを解説するセミナーが24日午後2時、大阪市中央区谷町2の市民活動スクエア「CANVAS谷町」で開かれる。大阪ボランティア協会が主催し、講師は「生活保護問題対策全国会議」事務局長の小久保哲郎弁護士(大阪弁護士会)が務める。

 小久保弁護士は「生活保護制度がしっかり…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです