メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

なぜイランにアフガン難民?=回答・田中龍士

イスラム教シーア派のモスクで祈るアフガニスタン難民ら=イラン北東部マシャドで、田中龍士撮影

一部部族は同じ宗教 言語に共通点も

 なるほドリ なぜイランにアフガニスタン難民(なんみん)がいるの?

 記者 宗教(しゅうきょう)が同じだったり、言葉がよく似ていたりするのでイランを目指すようです。アフガン人の8割超はイスラム教スンニ派ですが、ハザラ人という少数派の部族(ぶぞく)はシーア派です。多くのハザラ人が、同じシーア派を国教とするイランにやって来たようです。ハザラ人はダリ語という、イランのペルシャ語の方言のような言葉を話すので、イランで普通に会話ができます。イランが難民と認めているアフガン人は約95万人(2016年)ですが、不法入国者などを含めると250万~300万人とも言われています。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです