メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井大

新たな腎炎発見 見逃された患者発掘も

新たに見つかった腎炎のイメージ図。尿細管や周囲に免疫グロブリンM形成細胞が多く現れる=福井大提供

 福井大医学部などの研究チームは、通常の検査では見逃されてしまう腎炎を見つけたと発表した。腎臓内の尿細管やその周囲にある組織、間質に炎症が起きる腎炎の1種で、診断基準が確立できれば、これまで見逃されたり原因不明とされた腎炎患者の掘り起こしにつながる成果という。8月9日付の米医学誌電子版に掲載された。

 腎炎患者の多くは、血液中の老廃物をろ過する糸球体に炎症が起きる「糸球体腎炎」だ。ろ過後の原尿から必要な物質を再び体内に吸収する尿細管や間質に炎症が起きる「尿細管間質性腎炎」の症例は…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです