メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本旅行

「鉄學」列車で地域学習と避難訓練学ぶツアー

「鉄學」列車からの避難訓練に臨む高校生=和歌山県新宮市で、石川裕士撮影

 日本旅行TiS和歌山支店(和歌山市)は、電車に乗って地域学習や津波避難訓練が一度に体験できる「鉄學(てつがく)」列車の参加者を募集している。10月28日にJR紀勢線串本-新宮間で貸し切りの臨時列車を運行する。10月18日まで、定員40人を募集している。【石川裕士】

 和歌山大の西川一弘准教授(鉄道防災教育)の研究室が、紀伊半島の成り立ちや地学的特徴を学びながら、訓練を体験してほしいと企画。実際の災害が起きた際に周囲の人の避難の後押しもする「率先避難者」となってもらうことを目指してい…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです