メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

夜泣きをやめさせるには

並んで昼寝をする生後3カ月の赤ちゃん=坂根真理撮影

 子供の夜泣きに悩んでいる人もいるのでは? 眠りたいのを我慢し、あの手この手で泣きわめく我が子をあやす日々は想像を絶する。我が子の夜泣きに苦しんだ経験をもつ睡眠の専門家に、夜泣きの治し方を聞いてみた。

 「夜泣きは5日で治りました」。そう話すのは、NPO法人「赤ちゃんの眠り研究所」代表理事の清水悦子さんだ。清水さんは長女(9)の子育て中に大変な夜泣きを経験したが、ある方法を試したところ夜泣きが治まり、経験を役立てようと保育士資格を取得し、NPOを作った。ワークショップや講座を各地で開催し、子供の睡眠に悩む多くの母親にアドバイスする。その傍ら、東京大大学院に進学し、乳児の睡眠について研究に励む日々を送る。

 夜泣きは生後6カ月ごろからひどくなると言われている。清水さんが長女の夜泣きに悩まされるようになったのは、まさしく生後6カ月ごろからだった。

この記事は有料記事です。

残り2066文字(全文2440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです