メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『ヨコハマメリー』中村高寛・著

背負わされた戦後史と奪われた「場所」の記憶

◆『ヨコハマメリー かつて白化粧の老娼婦がいた』中村高寛(たかゆき)・著(河出書房新社/税別2200円)

 猥雑(わいざつ)だと睨(にら)まれた街が根こそぎ浄化されていく。その動きは来る東京五輪に向けて、更に強まっていくのだろう。しかし、街の浄化とは、つまるところ、人を追い払うことだ。「おまえ、出ていけ」と命じることだ。

 「歌舞伎役者のようなメイクに全身真っ白の洋服を身にまとった」老娼婦のメリーさん。横浜の中心街に立つ…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文944文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  2. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 土砂崩れ、川の大部分せき止められ水田に水あふれ出る 山形・鶴岡 新潟震度6強
  5. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです