メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『茄子の輝き』滝口悠生・著

じっくり言葉を醸成し読み手に伝えてくれる

◆『茄子の輝き』滝口悠生・著(新潮社/税別1600円)

 会話のラリーが続き、その合間にちょこちょこと背後の風景が挟まれるという構成の小説は多い。私は、そういうスタイルが苦手だ。それほど、人は本心を声に出しっぱなしではないはず、と、白けてしまう。主人公が自分の中におりていき、そこで言葉を醸成する小説が読みたいなあ。

 『茄子の輝き』は、求めていたとおりの、辿(たど)りたかった文体で綴(つづ)られる小説だった。もし、…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです