メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『茄子の輝き』滝口悠生・著

◆『茄子の輝き』滝口悠生・著(新潮社/税別1600円)

 会話のラリーが続き、その合間にちょこちょこと背後の風景が挟まれるという構成の小説は多い。私は、そういうスタイルが苦手だ。それほど、人は本心を声に出しっぱなしではないはず、と、白けてしまう。主人公が自分の中におりていき、そこで言葉を醸成する小説が読みたいなあ。

 『茄子の輝き』は、求めていたとおりの、辿(たど)りたかった文体で綴(つづ)られる小説だった。もし、一言で要約してよと頼まれたら「良質の餃子(ギョウザ)小説」だと言いたい。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです