メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『敵討ちか主殺しか 物書同心居眠り紋蔵』佐藤雅美・著

血を流さず、死人を出さず、あり得た江戸の姿を描き出す

◆『敵(かたき)討ちか主殺しか 物書同心居眠り紋蔵』佐藤雅美・著(講談社/税別1700円)

 時代小説が好きだ。藤沢周平、池波正太郎、山本周五郎、司馬遼太郎、海音寺潮五郎……。いずれも語り上手なうえに勉強家で、実によく調べてある。書くのにさぞかし苦労があったと思うのだが、汗のあとは少しもない。天性の語り部といったところがある。

 それぞれに「得意ワザ」があって、それは土地にも及んでいる。藤沢周平なら羽州鶴岡や米沢、薩摩人の暮ら…

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1533文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです