メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

「一国主義、極めて危険」 トランプ氏演説に反発

 【モスクワ杉尾直哉】トランプ米大統領の国連総会での一般討論演説に対して、ロシアで反発が広がっている。北朝鮮の「破滅」に言及したほか、ロシアと関係が深いイランやキューバ、ベネズエラを敵視する発言が続いたからだ。スルツキー露下院外交委員長は19日、タス通信に対し、「これまでの政権と同様、米国一極支配を確立しようとしており、ロシアとしては絶対に認められない」と語った。

 北朝鮮問題で、米国が軍事的な選択肢を排除していないことから、ロシアは「危機的状況」(ラブロフ外相)…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです