メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

吉山シャールルイ、加治屋百合子 復興祈り大役挑む 米ヒューストン・バレエ

「マイヤーリンク」のルドルフ皇太子役に挑む米ヒューストン・バレエの吉山シャールルイさん

 米ヒューストン・バレエのプリンシパル(最高位)、吉山シャールルイ=静岡県生まれ=が今月、マクミランの傑作「マイヤーリンク」(邦題「うたかたの恋」)に主演する。絶望と狂気にとらわれ、情死に至った実在のルドルフ皇太子役で、「技術力と演技力に加えて並外れた体力と精神力」がそろわなければ演じきれない。この難役中の難役を、アジア出身者が任されるのは初めて。開幕直前に襲ったハリケーンの余波で日程・劇場とも変更を余儀なくされたが「復興に向け、街が一つに団結している。夢だった舞台を踏ませてくれる関係者への感謝と、作品への敬意を胸に刻んで」大役に挑む。

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1191文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです