メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北茨城市

子育て支援住宅着工へ 人口増目指し、市が家賃半額負担 /茨城

 人口減少に悩む北茨城市が同市磯原町に整備する子育て世帯専用集合住宅が近く着工される。民間事業者に設計や建設、管理を一括して任せたうえで、家賃の半額を市が肩代わりすることで、民間賃貸と同様の住宅を低廉な家賃で借りられる仕組みで、若い家族の増加を期待する。

 計画によると、建物は鉄骨3階建てで、3LDK19戸、5LDK2戸の計21戸。1戸当たりの広さは70~90平方メートル。3階建てながらエレベーターも設置し、子育て世帯に配慮する。また40台分の駐車場を完備する。さらに入居者だけでなく、地域住民も利用できる遊び場や…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 7割がプラごみ 琵琶湖の湖底清掃、レジ袋最も多く 滋賀県調査

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです