メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

準備へ大わらわ 県選管「ミスなく進めたい」 葛城・斑鳩、地方選日程重複も /奈良

 安倍晋三首相が臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めたことを受け、県内各自治体の選挙管理委員会事務局は、戸惑いながらも大慌てで準備に向けて動き出した。想定される「10月10日公示、22日投開票」の日程の場合、葛城市議選と斑鳩町長選の投開票日と重なることから、関係する選管の担当者は「選挙日程が決まらないと、態勢を決められない」と頭を悩ませる。【新宮達、藤原弘、塩路佳子】

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです