メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

準備へ大わらわ 県選管「ミスなく進めたい」 葛城・斑鳩、地方選日程重複も /奈良

 安倍晋三首相が臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めたことを受け、県内各自治体の選挙管理委員会事務局は、戸惑いながらも大慌てで準備に向けて動き出した。想定される「10月10日公示、22日投開票」の日程の場合、葛城市議選と斑鳩町長選の投開票日と重なることから、関係する選管の担当者は「選挙日程が決まらないと、態勢を決められない」と頭を悩ませる。【新宮達、藤原弘、塩路佳子】

 県選管では19日、担当者が投票用紙など物品の発注や立候補予定者説明会の開催など必要な手順やスケジュ…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文870文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです