メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

準備へ大わらわ 県選管「ミスなく進めたい」 葛城・斑鳩、地方選日程重複も /奈良

 安倍晋三首相が臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めたことを受け、県内各自治体の選挙管理委員会事務局は、戸惑いながらも大慌てで準備に向けて動き出した。想定される「10月10日公示、22日投開票」の日程の場合、葛城市議選と斑鳩町長選の投開票日と重なることから、関係する選管の担当者は「選挙日程が決まらないと、態勢を決められない」と頭を悩ませる。【新宮達、藤原弘、塩路佳子】

 県選管では19日、担当者が投票用紙など物品の発注や立候補予定者説明会の開催など必要な手順やスケジュ…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文870文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです