特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球

日本選手権 中国地区予選 第2代表決定戦 三菱重広島、本大会へ 投打かみあい快勝 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第43回社会人野球日本選手権大会の中国地区第2代表決定戦を制し、町田監督を胴上げする三菱重工広島の選手たち=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで、土田暁彦撮影 拡大
第43回社会人野球日本選手権大会の中国地区第2代表決定戦を制し、町田監督を胴上げする三菱重工広島の選手たち=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで、土田暁彦撮影

 第43回社会人野球日本選手権大会中国地区予選(日本野球連盟中国地区連盟、毎日新聞社主催)は最終日の19日、山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで第2代表決定戦があり、三菱重工広島が8-1でシティライト岡山に快勝した。三菱重工広島は6大会連続、17回目の本大会出場となる。シティライト岡山は初の本大会出場はならなかった。

 日本選手権は11月2日から11日間、京セラドーム大阪(大阪市西区)で開かれる予定。中国地区からは第1代表のJR西日本、第2代表の三菱重工広島の2チームが出場する。【土田暁彦】

三菱重工広島

  003112001=8

  001000000=1

シティライト岡山

 (三)大下、伊藤-佐々木

 (シ)原、後藤田、寺田-妹尾

▽本塁打 国本(三)

▽三塁打 青木(三)

▽二塁打 山崎(三)妹尾(シ)

 三菱重工広島は三回無死一、三塁、松永の投ゴロの間に先制し、2死から国本、青木の連続長短打で計3点を先取。先発・大下は6回1失点、無四球で踏ん張った。シティライト岡山は三回、妹尾の右翼線二塁打を足掛かりに1点を返したが、打線がつながらなかった。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る