メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州新幹線

長崎ルート 知事、全線フル規格否定 県議会答弁「整備、現実的でない」 /佐賀

 2022年度に暫定開業する九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の全線フル規格化について、山口祥義知事は19日、「フル規格の整備は現実的ではない」と明確に否定した。長崎ルートを巡っては、在来線と新幹線の両方の車線を走行できるフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の開発が難航し、7月にはJR九州が導入を見送る考えを示している。【石井尚】

 この日に始まった9月定例県議会の一般質問で答弁した。山口知事はこれまで、県の負担が試算で約800億…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです