メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「傍観許さぬ」 北朝鮮対応で一致促す 国連総会

 【ニューヨーク高本耕太】トランプ米大統領は19日午前(日本時間同日夜)、国連総会の一般討論で初めて演説した。核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮やイランを世界の「脅威」だと非難し、「歴史の傍観者」になることは許されないと強調。国際社会の一致した対応を強く促した。

 トランプ氏は、餓死などを取り上げて「北朝鮮ほど自国民の幸福を軽視した国はない」と指摘した。圧力強化に慎重な中国、ロシアを念頭に、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の支配体制への「武器の供与や経済面での支援は、あってはならないこと」とけん制した。

 また、弾道ミサイルの発射実験を指導している金委員長をやゆするかのように「ロケットマンは自爆行為に走…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文759文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです