トランプ米大統領

「傍観許さぬ」 北朝鮮対応で一致促す 国連総会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク高本耕太】トランプ米大統領は19日午前(日本時間同日夜)、国連総会の一般討論で初めて演説した。核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮やイランを世界の「脅威」だと非難し、「歴史の傍観者」になることは許されないと強調。国際社会の一致した対応を強く促した。

 トランプ氏は、餓死などを取り上げて「北朝鮮ほど自国民の幸福を軽視した国はない」と指摘した。圧力強化に慎重な中国、ロシアを念頭に、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の支配体制への「武器の供与や経済面での支援は、あってはならないこと」とけん制した。

 また、弾道ミサイルの発射実験を指導している金委員長をやゆするかのように「ロケットマンは自爆行為に走っている」と述べ、「米国と同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外に選択肢はない」と激しい口調で警告した。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文759文字)

あわせて読みたい

注目の特集