メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮制裁決議

完全な履行で一致 首相とアフリカ首脳

 【ニューヨーク仙石恭】安倍晋三首相は18日午後(日本時間19日未明)に米ニューヨークに到着し、北朝鮮の核・ミサイル問題に関する国連安全保障理事会決議の「完全な履行」を呼びかける国連外交に着手した。安保理の非常任理事国などを務めるアフリカ諸国の首脳らと国連本部で会談し、決議履行を目指すことで一致した。

 アフリカ側は、今年から非常任理事国を務めるエチオピアや、セネガルなどの首脳ら5人が出席。安倍首相は北朝鮮問題について「これまでにない重大かつ差し迫った脅威だ。従来にない新たな段階の圧力をかける必要がある」と述べ、石油輸出量の上限設定を含む新決議などの履行が重要との認識を改めて強調した。アフリカ側からは「決議の完全な実施を含め日本の立場を強く支持する」と応じた。安倍首相は北朝鮮との軍事協力の断絶、…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです