トランプ米大統領

国連総会、初演説 一転協調

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ大統領の国連に関する過去の発言
トランプ大統領の国連に関する過去の発言

 事実上の国連外交デビューとなる19日の一般討論演説でトランプ米大統領が力点を置いたのが、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応だ。「米国第一主義」のもと、これまで国際協調に後ろ向きな姿勢を見せていたトランプ氏。米国本土に到達する核弾頭を装備した大陸間弾道ミサイル(ICBM)完成が現実的な脅威となり、国際社会に危機感を共有してもらう必要性に迫られた結果だ。【ニューヨーク高本耕太、國枝すみれ】

この記事は有料記事です。

残り1921文字(全文2120文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集