メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

国連総会、初演説 一転協調

トランプ大統領の国連に関する過去の発言

 事実上の国連外交デビューとなる19日の一般討論演説でトランプ米大統領が力点を置いたのが、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応だ。「米国第一主義」のもと、これまで国際協調に後ろ向きな姿勢を見せていたトランプ氏。米国本土に到達する核弾頭を装備した大陸間弾道ミサイル(ICBM)完成が現実的な脅威となり、国際社会に危機感を共有してもらう必要性に迫られた結果だ。【ニューヨーク高本耕太、國枝すみれ】

この記事は有料記事です。

残り1921文字(全文2120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです