メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

脱アンチエイジング=中村秀明

 <sui-setsu>

 国が「人生100年時代構想」を唱え始めている。人づくり革命の一環というが、目指す姿がはっきりしない。

 そうした中、米国の女性雑誌「アルーア」9月号が「もうアンチエイジングという言葉は使わない」と宣言し、話題となっている。

 「加齢は衰えであり立ち向かわなくてはいけない」という風潮を改める狙いだという。ミッシェル・リー編集長は「考え方を変えるための第一歩として、加齢についての語り方を変える」と語っている。

 よくない例としてあげたのが、こんな言い方だ。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです