メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

ロヒンギャ問題とスーチー氏 人道危機の現状を改めよ

[PR]

 過酷な状況に置かれた少数民族の問題にどう取り組むか。ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチー氏だからこそ、それが問われている。

 ミャンマー西部ラカイン州に住むイスラム教徒少数民族ロヒンギャの問題だ。先月下旬に始まった治安部隊とロヒンギャ系武装組織の衝突が拡大し、国際社会の懸念が強まっている。

 59の村で約7000軒が焼き打ちにあった。死者は400人以上とされるが、1000人超との情報もある。州内のロヒンギャ100万人のうち40万人以上が難民となり、隣国バングラデシュに流入した。

 ミャンマーの実質的な最高指導者であるスーチー氏はきのう、首都ネピドーで今回の事態について初めて演説を行った。

 スーチー氏は国際調査受け入れを表明し、ロヒンギャの権利拡大と和解に取り組む姿勢を示した。一方で「すべての人権侵害と違法な暴力を非難する」と語り、武装組織にも責任があるという考えをにじませた。

 自らの沈黙に対する国際的批判に応えようとしたものの、明快な姿勢を示したとは言えない。国内向けの配慮は必要だろうが、事態の深刻さに比べると不十分だった。

 問題の背景にあるのは、ミャンマーの人口の9割を占める仏教徒が抱くロヒンギャへの敵対感情だ。

 ロヒンギャは一帯が英植民地だった19世紀に現在のバングラデシュから来た移民が源流だ。英国は、多数派の仏教徒を統治する手先として移民を使い、両者を反目させた。

 第二次大戦後に独立してからも、反目は続いた。軍事政権だった1982年にロヒンギャは「不法移民」として国籍を剥奪された。スーチー氏が熱心に取り組む少数民族との和解プロセスからも排除されている。

 だが、民族や宗教の違いを理由とした対立を放置すれば、過激思想の流入を招きかねない。過激派組織「イスラム国」(IS)の侵入すら許す恐れがある。そんな事態を引き起こしてはいけない。

 全面的な和解には多くの時間が必要だが、まずは眼前の人道危機解消を急がねばならない。家を焼かれ、町を追われた人々が安心して帰還できることが最優先だ。スーチー氏は強い指導力を発揮すべきである。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです