メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州

広がる観光客排斥 物価高騰、住宅も不足

欧州各地で増えすぎる観光客に悲鳴

 【ロンドン三沢耕平】欧州各地で外国人観光客を排斥する動きが広がっている。個人の家を宿泊先として提供する「民泊」の普及で観光客が急増した結果、物価高騰や住宅供給の不足など住民の暮らしが激変したためだ。観光は国家にとって貴重な収入源となるため、各国とも観光客の誘致に注力してきたが、旅のスタイルを変えた民泊がもたらす弊害への対応にも迫られている。

 「観光客は帰れ!」。スペイン北東部バルセロナでは7月末、観光客の増えすぎに抗議するデモが発生した。…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文947文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです