メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流浪の果てに

イランのアフガン難民/2 言論・思想を監視

「信仰心を悪用された」と語るアフガニスタン難民の30代男性=イラン国内で2017年7月、田中龍士撮影

 アフガニスタン難民の派兵問題について取材を開始して数カ月後の2015年春、イランの毎日新聞テヘラン支局に「アフガン難民」を名乗る男が現れた。シリアの紛争地域に派遣された経験があるという触れ込みで、知り合いの難民から紹介された。

 男は「37歳。アフガン北西部出身の両親を持ち、イランで生まれた難民2世。テヘラン近郊のカラジから乗用車で来た」と語った。社会の底辺で苦しむことの多い難民が、車や運転免許証を持つのは珍しい。不審に思い免許の有無を尋ねると「ない」。

 男は右手に車のリモコンキーのような物を持っていた。その手を記者に向けると「カチッ」と音がした。支局の奥に向け再び「カチッ」。東京・秋葉原などでも出回っているキーを装ったデジタルカメラのようだ。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです