メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト

東部でIS襲撃相次ぐ 軍や警察狙い

 【カイロ篠田航一】エジプト東部シナイ半島で、過激派組織「イスラム国」(IS)による軍や警察への襲撃が相次いでいる。

 11日にはアリーシュ付近で警察車両が武装勢力の襲撃を受け、ロイター通信は少なくとも警官18人が死亡したと伝えた。ISの影響下にあるニュースサイト「アーマク通信」は事件後、ISが実行したと犯行声明を出した。

 13日にはパレスチナ自治区ガザ地区との境界に近いラファ近郊の検問所で、治安部隊と武装勢力が銃撃戦となり、武装勢力側が5人、治安部隊の兵士2人が死亡した。この事件もISが犯行声明を出した。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです