メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『父「永六輔」を看取る』 永千絵さん

「笑えること、楽しかったことばかりが思い出されます」と永千絵さん=八木正撮影

 (宝島社・1404円)

再確認した 父「孝雄くん」

 ラジオ・テレビ番組の企画・演出、作詞家、ラジオパーソナリティーなど多彩な才能で知られた永六輔さんが亡くなったのは昨年7月。全国で追悼の声が広がったが、長女の永千絵さんは、大きくなっていく父の姿にとまどいを感じたという。【井上志津】

 永家では六輔さんは本名の「孝雄くん」、母は「昌子さん」と呼ばれていた。といっても、若い頃の六輔さんは多忙ゆえ家にほとんどいなかった。さらに千絵さんは父と顔が似ていることがいやで、父を避けた。「好きな映画の話をする時以外は、顔を見合わせて話すことは、ほぼありませんでした」

 2002年、昌子さんが急逝。それまで父との会話は母を経由することが多かったため、「孝雄くんと相対し…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1115文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです