メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 北朝鮮危機、平昌に影 チケット需要伸びず=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 来年2月に開幕する韓国・平昌五輪の観戦は誰も望んでいないかもしれない。そういう厳しい兆しが出ている。平昌五輪の選手村はミサイル発射や核実験を強行する北朝鮮からわずか80キロほどの距離にある。世界中から訪れるであろう冬季競技のファンにとって、快適に楽しむには近過ぎる距離だろう。

 チケットの需要も世界中で芳しくない。米国のチケット販売の代理店もあまり関心がなく、これまでの冬季五輪に比べても取り扱う枚数は少ない。チケット収入が期待されたアイスホッケーも、北米プロリーグ、NHLは五輪期間中もシーズンを継続し、トップ選手も派遣しない。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 外為 東京=10時 1ドル=106円86~87銭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです