メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「1000億円削減を」 IOCコーツ氏、五輪存続へ至上命令

コーツ・調整委員会委員長=中村藍撮影

 国際オリンピック委員会(IOC)で、2020年東京五輪・パラリンピックの準備状況の監督役となる調整委員会のジョン・コーツ委員長が毎日新聞の取材に応じ、大会経費について「今後の五輪のためには10億ドル(約1000億円)の削減を目標とすべきだ」とさらなる努力を求める考えを示した。巨額な大会経費を住民が敬遠して世界各地で五輪離れが進む危機にコーツ氏は「削減すれば、招致を検討している都市の住民などが受け入れやすくなると思う」と述べ、五輪存続のための至上命令と位置づけた。(スポーツ面に一問一答)

 東京都は五輪・パラリンピックを合わせた大会経費を約1兆3850億円と試算した。内訳は施設整備など会場関係費8350億円、輸送、セキュリティーなど運営に関わる大会関係費5500億円。IOCは都、大会組織委員会、政府との4者協議を設置して、大会運営の見直しに関与してきた。組織委は14年にIOCが採択した中長期改革「アジェンダ2020」に基づき、都周辺の既存施設を活用して、約2000億円の会場関係費を…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです