メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

「なぜ何度も災難に」32年前と同じ日に

 【サンパウロ山本太一】前回のマグニチュード(M)8.1の地震からわずか12日後、M7.1の強烈な地震がメキシコを襲い、200人超が亡くなった。19日は1万人以上が死亡したメキシコ地震からちょうど32年の節目にあたり、避難訓練が開かれた。市民は「なぜこんなに何度も災難に遭うのか」と肩を落とした。

 「自分が生きているのが信じられない」。メキシコ市で全壊したビルの2階にいたエルナンデスさん(28)は、米紙ニューヨーク・タイムズに、声を震わせながら語った。どうにか逃げ出したものの、足をけがした。

 建物の中に何人が閉じ込められたかは分からないという。数十人の警察官や救急隊員ががれきを取り除いて救出作業にあたり、建設労働者もがれきの運搬を手伝っていた。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです