メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

149人死亡 M7.1、首都で建物倒壊

 【サンパウロ山本太一】米地質調査所(USGS)によると、メキシコ中部プエブラ州内陸部で現地時間19日午後1時14分(日本時間20日午前3時14分)ごろ、マグニチュード(M)7.1の地震が起きた。ロイター通信によると、少なくとも149人が死亡した。首都メキシコ市などで多数の建物が崩壊し、犠牲者が増える恐れがある。メキシコでは南部で7日、M8.1の地震が起き、6万棟以上の住宅が被害を受け98人が亡くなったばかり。

 メキシコ市は19日、非常事態を宣言した。各州政府などによると、死者は中部のモレロス州で54人、プエブラ州で26人、メキシコ州で9人、メキシコ市で4人など。USGSによると、震源地はプエブラ州ラボソの東北東5キロ、メキシコ市からは南東約120キロ。震源の深さは51キロと推定される。前回の震源はメキシコ市から約1000キロ離れていた。

 地元メディアは、消防当局の情報としてメキシコ市では建物で火災が発生し、内部に人が閉じ込められていると報じた。数階建ての建物の中間部分がつぶれ、人々が倒壊した建物の下敷きになっているとみられる。ロイター通信によると、崩壊した建物から約60人が救出されたという。停電も起き、メキシコ市国際空港も安全点検のため一時閉鎖された。

 ペニャニエト大統領はツイッターに「状況を評価し、対策をとるための緊急の委員会の招集を求めた」と投稿した。前回地震の被災地オアハカ訪問を急きょ取りやめ、空路メキシコ市に戻った。

 トランプ米大統領は地震発生後間もなくツイッターで「メキシコ市民に神の恵みを。われわれはあなた方と共にある」と述べた。

 メキシコではちょうど32年前(1985年9月19日)にもM8.1の地震が発生。メキシコ市で数千の建物が崩壊し、1万人以上が死亡。今月7日の地震でもチアパス、オアハカ両州で多数が死傷した。

 メキシコ市の日本大使館によると、現地時間午後4時40分現在、日本人が被害にあったという情報は入っていないという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤詩織さん会見、手記に込めた思い「遠い誰かの話ではない」
  2. 外食チェーン 「串カツ田中」来月1日から食べ放題
  3. パソコン画家 エクセルで名画 群馬の77歳、初の個展も
  4. 特集ワイド 10・21 安倍首相、秋葉原演説会ルポ 政策より「敵たたき」に喝采
  5. 立憲民主 「無所属と連携」議論へ 希望に小池氏排除の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]