メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダム日本酒

プロもうなるおいしさ 富山・黒部で蔵出し

宇奈月ダムから蔵出ししたばかりの日本酒を堪能する上杉孝久さん(左)と河田稔会長=富山県黒部市宇奈月温泉の総湯「湯めどころ宇奈月」で2017年9月15日、青山郁子撮影

 約半年間、宇奈月ダム(富山県黒部市)の内部を「酒蔵」として貯蔵した日本酒の蔵出し式と祝賀会が15日、同市宇奈月町で開かれた。日本酒のプロもうなるおいしい“ダム日本酒”が完成した。

 宇奈月ダムは2001年に完成した洪水調節や発電などを目的とした多目的ダム。管理所からエレベーターで約50メートル降りた堤体内の点検通路は、1年を通じて温度約11度、湿度60~90%と一定で、振動もほとんどなく、日本酒の貯蔵には絶好の条件という。

 この特徴に目をつけた宇奈月温泉自治振興会(河田稔会長)が、地域活性化の一環として酒蔵として利用する…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです