メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聴覚障害

47歳、味に自信の串カツ開店 注文は紙に

9月にオープンした串カツ店で、カウンターの客と手話で会話する前川憲司さん(左)=京都市左京区で、小松雄介撮影

 両耳がほとんど聞こえない男性が今月、京都市左京区の京都大近くに串カツ店をオープンさせた。大津市在住の前川憲司さん(47)。本場の大阪で学び、京風にアレンジした串カツを提供する。カウンター15席だけで、注文は紙に書くシステム。「お客さんの呼びかけにすぐには気付かないこともあるけど、味には自信がある」。学生らが行き交う街の一角で新たな挑戦が始まった。【国本ようこ】

 9月中旬の平日の夜、「串カツ&バー 前川屋」は、予約客で半分ほどが埋まっていた。串カツや串焼き、ど…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文983文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです