メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏

初の国連演説は一転協調 北朝鮮対応手詰まり

トランプ大統領の国連に関する過去の発言

 事実上の国連外交デビューとなる19日の一般討論演説でトランプ米大統領が力点を置いたのが、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応だ。「米国第一主義」のもと、これまで国際協調に後ろ向きな姿勢を見せていたトランプ氏。米国本土に到達する核弾頭を装備した大陸間弾道ミサイル(ICBM)完成が現実的な脅威となり、国際社会に危機感を共有してもらう必要性に迫られた結果だ。【ニューヨーク高本耕太、國枝すみれ】

 「我々は北朝鮮を完全に破壊する選択肢しかない」。トランプ氏は演説で北朝鮮が核・ミサイル開発を継続した場合の軍事行動を改めて示唆した。しかし、米軍が先制攻撃に出れば北朝鮮が反撃に出ることは必至。同盟国の韓国や日本に甚大な被害が出ることになり、軍事オペレーション実施は極めて困難なのが現実だ。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです