メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスカット

新品種の粒は500円玉大 岡山で本格出荷

マスカットジパングの状態を確認する林慎悟さん=岡山市北区津高で、高橋祐貴撮影

 マスカットの生産が全国シェア9割を誇る岡山の農家が、新品種「マスカットジパング」の本格出荷を始めた。粒は500円玉大で、現在の主力品種より一回り大きいのが特徴だ。

 10年ほど前から約100種の交配を重ねて生み出し、2014年に品種登録した。種なしで皮ごと食べられ、スッキリとした味わいで、東京の老舗…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです