メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
マスカット

新品種の粒は500円玉大 岡山で本格出荷

マスカットジパングの状態を確認する林慎悟さん=岡山市北区津高で、高橋祐貴撮影

 マスカットの生産が全国シェア9割を誇る岡山の農家が、新品種「マスカットジパング」の本格出荷を始めた。粒は500円玉大で、現在の主力品種より一回り大きいのが特徴だ。

 10年ほど前から約100種の交配を重ねて生み出し、2014年に品種登録した。種なしで皮ごと食べられ、スッキリとした味わいで、東京の老舗…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです