メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

原因は台湾や中国の乱獲? 日本漁法に問題は

岩手県大船渡市の市魚市場に水揚げされたサンマ=2017年8月30日、三股智子撮影

 秋の味覚のサンマが心配だ。3年連続で不漁が見込まれ、宮城県気仙沼市では秋の風物詩「サンマまつり」が中止に追い込まれた。7月に当時の山本有二農相が、外国漁船の公海でのサンマ漁について「想像を絶する異常な漁獲」と発言。不漁の原因を台湾や中国の乱獲に帰す声もある。何が起きているのか。【三股智子】

 数千匹を無料で振る舞う気仙沼の祭りは今年は10日の予定だったが、確保の見通しが立たず中止となった。気仙沼漁協で先月23日の初水揚げ以降の漁獲は前年比約2割減。漁協関係者は「漁場が遠くなった」と嘆く。

 東京の築地市場によると9月第1週の1日平均入荷量は64.7トンで、昨年同期比34%減。価格の中心は…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです