メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

生き抜く力なら川柳です=近藤勝重

 仕事の一つにしているせいか、なぜ川柳を、とよく聞かれる。「ぼくの場合は人間的な弱点をさらけ出す面白さに引かれてです」と答え、最近はこうも付け加えている。

 「生き抜く力にもなりますから」

 毎日新聞(大阪)朝刊1面に掲載の「近藤流健康川柳」(MBSラジオ「しあわせの五・七・五」共催)の10周年にちなむ「ますます健康川柳 210の教え」(幻冬舎)の本の帯でも「生き抜く力なら川柳です」と入れてもらった。スペースの関係上、同書でそのことはあまり触れられなかったので、ここで改めて説明しておきたい。

 第一に挙げたいのは、「一句ひねる」という「ひねる」の効用だ。手元の辞書に「ひねる」は「あれこれ考え…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文862文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです