メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の出発点

山田詠美さん『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』 「女流」の概念崩す

 オレの時より、少し声が小さかったようだぜ。小さな紙切れにはそう書かれていた。それを見た男たちは二度と彼女の部屋を訪れなかった。SHITと彼女は舌打ちをしながらも安らかな気持になり、悪くないわと呟いた。(『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』幻冬舎文庫より)

 長く読み継がれる普遍的な作品群をものし、押しも押されもせぬ存在だ。生々しい性愛、思春期の揺れる心、そして人が死ぬということ。どんな小説も甘いロマンとは無縁だ。時にカミソリのように切れ、時に冷笑的。それでも、清らかな倫理と品格に頬を張られたような思いになるのが山田文学である。

 20歳ごろから小説を書き始め、「ベッドタイムアイズ」で1985年に文芸賞を受賞。日本の米軍基地周辺で、しがない歌手の女が黒人の脱走兵をペットのごとく可愛がる姿を描いた。性描写だけでなく、黒人米兵と同棲(どうせい)していた私生活が注目されて世間の話題が沸騰。一方、評論家の江藤淳は「人生に対しても黒人兵に対してもほとんど零距離の近みにまで肉薄している」と激賞した。作家は幼少期に何度もいじめられた。文…

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです