連載

フォーカス

テレビや映画、アニメなど旬のタレントの横顔を、出演作とともに紹介します。

連載一覧

フォーカス

永作博美 ドラマ「沈黙法廷」山本美紀役

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆永作博美 ドラマ「沈黙法廷」山本美紀役(WOWOWプライム=日曜午後10時)

「音」に気を配った

 テレビドラマに映画、演劇。普通は主役が思いを込めたセリフを発した場面が作品のヤマ場になる。24日スタートの連続ドラマ「沈黙法廷」(全5話。初回は無料放送)で主役を張る彼女は、ほとんどのシーンでタイトル通り“沈黙”したままだ。佐々木譲のミステリー小説が原作で「本来ならアクションを起こすことが多いのに、意思を持っちゃいけない役。難しいと思った」。その一方で「だからこそ興味を持った」と、新たな挑戦への意気込みを語る。

 東京都内で1人暮らしをする資産家の老人(北村総一朗)が絞殺体で見つかった。警視庁は家に通っていた家事代行業の女、美紀(永作)の元へ向かったが、一足違いで埼玉県警が身柄を拘束していた。無罪を主張する美紀は裁判で黙秘を続ける。その理由は……。美紀のセリフは「はい」「やってません」などの短いものばかり。「自分を消そうと生きている」美紀の思いを表現するため、「語尾やトーンとか、『音』にすごく気を配った」…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文870文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集