メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判決に願う

原発避難者訴訟・千葉/中 被害実態知ってほしい 証拠動画で自宅を公開 斎藤勝美さん /千葉

家族経営していた工場で加工していた金属部品を見つめる斎藤さん。工場再開のめどは立っていない=宮城県名取市の斎藤さん宅で

 庭は1メートル近くまで伸びた雑草に覆われていた。付近の除染作業は終わっているが、生活用水をくみ上げていた井戸の近くで空間放射線量を測ると、線量計は国の除染基準(毎時0・23マイクロシーベルト)を上回る同0・24マイクロシーベルトを示した。弁護団が昨年8月に撮影した、原告の斎藤勝美さん(60)が八街市に避難する前に住んでいた福島県南相馬市の自宅などの光景だ。動画には、敷地内にかつてあった金属部品加工の工場で「取引先はほとんどなくなった」とうつむく様子も記録されている。

 全国20地裁・支部に起こされた同様の訴訟のうち、3月に全国初の判決が言い渡された前橋地裁の訴訟では、裁判官が東京電力福島第1原発から30キロ圏内にあった原告4世帯の自宅を検証した。福島地裁の訴訟を除くと初めてのことだった。千葉地裁の訴訟でも弁護団は裁判官による検証を求めたが認められなかったため、代わりに斎藤さんら原告8世帯の自宅などを撮影し、動画を証拠として提出した。斎藤さんは「裁判官に被害実態…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです