衆院選

「22日投開票」有力視 困惑の選管 長野市長選は同日選検討 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院が臨時国会冒頭に解散され、10月10日公示-22日投開票の日程で衆院選が行われることが有力視される中、10月22日前後に首長・議員選挙を予定する県内市町村の選挙管理委員会が対応に苦慮している。長野市では10月29日投開票の市長選・市議補選(改選数3)が予定されているが、市選管は前倒しして衆院選と同じ22日にできないか、検討を始めた。【小川直樹】

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1070文字)

あわせて読みたい

注目の特集