特集

核兵器禁止条約

核兵器開発などを初めて全面的に禁じる核兵器禁止条約が1月22日に発効しました。核軍縮の前進につながるか注目されています。

特集一覧

核兵器禁止条約

前進 51カ国、条約署名見通し 国連式典

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】核兵器の使用などを史上初めて禁止する核兵器禁止条約の署名式が20日、ニューヨークの国連本部で開かれ、国連関係者によると、42カ国が署名した。初日だけでブラジルや南アフリカなど非核保有国51カ国の代表が署名する見通しで、条約は発効に向けて大きな一歩を踏み出す。

 今年7月に122カ国が賛成し採択された禁止条約は、署名後に国内手続きを経て批准した国が50カ国に達した日から、90日後に発効する。国連のグテレス事務総長は式典で「核兵器なき世界という目標に向けた重要な一歩」と発言。一方で核保有国が反対する現状も踏ま…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文671文字)

【核兵器禁止条約】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集