メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

北朝鮮に対峙する論=坂東賢治

 <moku-go>

 強い殺傷能力をもった動物は自分が負傷した場合の大打撃を恐れ、互いにあえて「武器」の使用を控える。

 動物行動学研究者の竹内久美子さんが1990年代のベストセラー「そんなバカな!-遺伝子と神について」(文春文庫)で紹介する論だ。竹内さんも指摘しているが、核抑止論を連想させる。

 人類史上最悪の殺傷能力を持つ核兵器を保有した国同士はお互いに傷つくことを恐れてその使用を思いとどまる。竹内さんの表現を借りれば、核抑止の考え方はこんなふうに説明できるだろうか。

 米露など核大国はこの論を堅持する。米の「核の傘」に守られた日本も同じだ。米ソ対立の冷戦下、核戦争が…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです