メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺

夏休み明け報道、識者注文 誘引せぬよう、表現や時期配慮を

夏休み明けに子どもの自殺が増える問題について対策などを紹介した毎日新聞の記事

 夏休みが明ける9月1日前後は子どもの自殺が多くなる傾向があることが統計で明らかになって以来、民間や行政が対策に乗り出し、報道機関も自殺防止を呼びかける報道をしている。ただ、自殺防止は細心の注意が必要な問題で、掲載する時期や実際に発生した自殺をどう伝えるかなど課題がありそうだ。自殺対策に携わる専門家や有識者に今年の報道について意見を聞いた。

 18歳以下対象の相談電話を運営する「チャイルドライン支援センター」代表理事の神仁(じんひとし)さん…

この記事は有料記事です。

残り2657文字(全文2878文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです