メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

100メートル桐生選手、日本勢初の9秒台=新井隆一(大阪運動部)

日本学生陸上対校選手権男子100メートル決勝で9秒98を出し、ポーズを取る桐生祥秀選手=福井運動公園陸上競技場で9日、山崎一輝撮影

五輪で自分保つ支えに

 やっと、というのが率直な思いだった。陸上の日本学生対校選手権(9日、福井運動公園陸上競技場)男子100メートル決勝で、桐生祥秀(よしひで)選手(21)=東洋大4年=が日本勢初の9秒台となる9秒98をマークし、19年ぶりに日本記録を塗り替えた。「どれだけ速く走れるか」を競う100メートルはあらゆるスポーツの原点であり、今回の記録は日本スポーツ界にとって歴史的瞬間だった。ただし、ジム・ハインズ選手(米国)が人類初の9秒台を出してから49年も遅れ、世界では桐生選手以前に125人が10秒の壁を突破している。本人はレース後に「やっと世界のスタートラインに立てた」と述懐したが、私も彼の9秒台は時間の問題と思っていた。

 私は4年前、京都・洛南高当時の桐生選手が織田記念国際で10秒01を出した現場を目の当たりにし、その…

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文2080文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです