特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

100メートル桐生選手、日本勢初の9秒台=新井隆一(大阪運動部)

日本学生陸上対校選手権男子100メートル決勝で9秒98を出し、ポーズを取る桐生祥秀選手=福井運動公園陸上競技場で9日、山崎一輝撮影
日本学生陸上対校選手権男子100メートル決勝で9秒98を出し、ポーズを取る桐生祥秀選手=福井運動公園陸上競技場で9日、山崎一輝撮影

五輪で自分保つ支えに

 やっと、というのが率直な思いだった。陸上の日本学生対校選手権(9日、福井運動公園陸上競技場)男子100メートル決勝で、桐生祥秀(よしひで)選手(21)=東洋大4年=が日本勢初の9秒台となる9秒98をマークし、19年ぶりに日本記録を塗り替えた。「どれだけ速く走れるか」を競う100メートルはあらゆるスポーツの原点であり、今回の記録は日本スポーツ界にとって歴史的瞬間だった。ただし、ジム・ハインズ選手(米国)が人類初の9秒台を出してから49年も遅れ、世界では桐生選手以前に125人が10秒の壁を突破している。本人はレース後に「やっと世界のスタートラインに立てた」と述懐したが、私も彼の9秒台は時間の問題と思っていた。

 私は4年前、京都・洛南高当時の桐生選手が織田記念国際で10秒01を出した現場を目の当たりにし、その後も京都市内の小さな大会から昨年のリオデジャネイロ五輪も含めて大半のレースを取材してきた。伊東浩司・日本陸上競技連盟強化委員長が現役時代の1998年バンコク・アジア大会で10秒00を出して19年。9秒台への期待と重圧を誰よりも受けてきたのが桐生選手で、9秒台に匹敵する走りなのに向かい風だったりして、…

この記事は有料記事です。

残り1563文字(全文2080文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集